【鈴木杏里】女教師モノというと – 性奴・女教師 鈴木杏里

FANZAのエロ動画レビュー

性奴・女教師 鈴木杏里

聖職者のもう一つの顔、それはメスの欲望に浮遊する性奴●…。

美人女教師・杏里は、不能の中年男・日比野の性奴●として生活している。

ノーパンでの授業、それを目撃した教え子白鳥と、日比野が覗く前でのSEX。

白鳥の肉棒への欲望と、嫉妬に狂う日比野への隷属欲は燃え上がり、杏里を真の性奴●に変貌させていく。

「性奴・女教師 鈴木杏里」の本編動画はこちらから

女優名: 鈴木杏里

美人

顔も美人で長身でスタイルも抜群。

鈴木杏里の体で1回だけですが抜きたい方はオススメです。

買って後悔

鈴木杏里は美人で均整の取れた体が魅力の女優。

あまりこういうドラマ系の作品は向かない気がするな。

単純にいい女なのだから、中身はシンプルな設定でいいじゃないか。

重厚なドラマ

性母シリーズの監督だけあってストーリーが重厚。

女教師の2つの顔が混ざり合っていく感じが素晴らしい。

生徒に対しては優しく超然とした大人の女、ご主人様である中年男に対しては従順なマゾ奴●という2つの顔を持つ女教師が、不能なご主人様に満足しきれず、生徒を新しいご主人様に選んで服従していくという、女の性欲の深さと裏切りがしっかりと描かれていて非常に見応えがある。

あまり演技力のある女優ではないと思うが、二面性の演じ分けも見事。

プレイが多いありきたりな陵●ものを期待すると裏切られるかもしれないが、ドラマを楽しめる人なら必見だろう。

予想通り最悪

多分駄目だろうと思いながら鈴木杏里に引かれて買ったが矢張り最悪の出来。

パケの文句とヒビノ作品であることから予想はしたが悪いほうにピッタリはまった。

溜池やヒビノはある程度ストーリーで見せているつもりだろうが2時間で2発しか発射しないのではAVとはいえない。

(芝居で抜けるレベルでは到底ありえない)

女優はいいがヒビノとのカラミが。

残念の一言。

女優は美形でスタイルもいいのだがヒビノとのカラミが余分で。

訳のわからん花に囲まれてのファックでもなく無駄な時間。

良い

この女優さんはこのぐらいキャラクターをつくって演技したほうがエロくみえる。

Vシネ風

ストーリー展開としては、あまり他の女教師物のAVには無い感じで好かったです。

プレイ自体も、杏里さんの動物的な喘ぎ方から、精神的な快楽のようなものが感じられて楽しめました。

花を使って、目隠しの杏里さんを愛撫攻めするのも、不能の男の歪んだ愛情表現で、杏里さんの喘ぎ方から気持ち良かったのではないかと思えるので、僕としては有りでした。

ただ、ドラマ仕立てにするなら、もっと細かい点での背徳感や、耽美的な演出に力を入れた方が良かったと思います。

例えば、生徒を自宅に招いて迫る時に、もう少し抵抗させるとか、逆に童貞の高校生らしい性知識で大人な先生の身体をムシャブリつくように愛撫し、それを受け入れて快感を貪るか、自分好みの愛撫を手引きして調教していくとか、もう少しプレイの展開に強弱があればなぁと感じました。

ので、評価は4です。

女教師モノというと

適当なストーリーで数パターンのカラミがあって…というのが普通だが、この作品はしっかりとしたシナリオと、工夫された映像があり、どちらかというと映画とかVシネに近い感じ。

鈴木杏里の演技も申し分ないし、生徒役の男優にありきたりな有名男優を使っていないのもリアリティがあって◎生徒を自宅に招いて誘惑し、キス~フェラへの流れとかはかなり興奮すること間違いなし。

ただしそこをピークに後半に向けてトーンダウンしていくのがちょっと…まぁ内に秘めたエロスをムンムン漂わせた杏里さんが、見れたので評価は「良い」にします。

「性奴・女教師 鈴木杏里」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました