【滝沢優奈, 持田茜(しじみ), 山口まゆ, 長谷川あゆみ, 春矢つばさ(椎名りく)】脚本後手縛り – 奴●島 最終章 永遠の凌●…

FANZAのエロ動画レビュー

奴●島 最終章 永遠の凌●…

「もしもし、島谷美咲さんですか?突然申し訳ありません。

わたし、弁護士の山本と申します。

実は白樺の家で重大な犯罪が行われている疑いがあります…。

」遂に暴かれた奴●島の実態!?…運命に導かれた衝撃の最終章!!

「奴●島 最終章 永遠の凌●…」の本編動画はこちらから

女優名: 滝沢優奈, 持田茜(しじみ), 山口まゆ, 長谷川あゆみ, 春矢つばさ(椎名りく)

最後ですか…?

久しぶりに『大根役者!』という言葉を思い出しました…。

もっと他にいなかったの?

ついに最終章

大好きなシリーズでしたが、終了ですねもっとアナル責めを見たかったのですが、このシリーズでは少なかったですね似たようなシリーズを作る時は期待しますよ

ようやく~

~最終章・・・地下牢に監禁した女たちを監禁、性奴●として調教して提供するというパターンを、最後まで貫き通してます。

お約束の内容なので、飽きが来ることは否めませんが、好みの女優が、出演していれば、楽しめるシリーズですね~!~。

綺麗にまとめました?

シリーズ最終章は今までに奴●にしたモデルさん達を多用し、ストーリーの連続性が感じられるようになっていますが、いかんせんドラマの立て直しが遅すぎた感があって残念ですね。

これで終わりにするのでは無くて、ここから新たに始めてこその奴●島だったと思うのです。

店を開いてネタを仕込んでさあここから楽しもうっていう時に奴●島は閉鎖、なんて終わり方はあまりにもショッパイじゃないか、と。

ストーリーそのものはこじんまりとまとめてある分、ドラマ性を追求すればするほど今までのドラマ自体の綻びが次々と視覚化していくのは寂しい限りでした。

そして最後、え~、こんな終わり方なの?というガッカリ観。

AVの限界っていうのとはまた違う。

もともとワンパターンでプレイ自体はソフトSMをチマチマ繋げていただけのシナリオが、ついに書くのを投げ出したとしか思えない終わり方が残念ですねえ。

ともあれ、最後まで描き切ってお疲れ様でした。

シナリオは

悪くない。

ただエロスメインではなく凌●の雰囲気がメインの作品なので、一つの作品としては問題ないがAVとしては赤点だと思う。

フェラシーンが多いので好きな人は楽しめるのではないか。

相変わらず調教され奴●として淫らに感じてしまうシーンはなし。

脚本後手縛り

好みの娘を自分の意のままに操れる性奴●にしてみたいという願望があるのなら、そして「後ろ手拘束仁王立ちフェラ」がその性奴●のイメージとして最も相応しいと思うのなら、この奴●島シリーズは大いに鑑賞する価値があります。

最終章ということで、悪徳代議士とその取り巻きに報いが訪れるのか・・。

タイトル通り、そんな心配は杞憂に終わります。

これまでと同じように後ろ手拘束フェラ奉仕を中心に、陵●絵が繰り広げられます。

特に後半何度も見る事が出来る滝沢優奈さんのブレの少ないフェラ顔は被虐美そのもので、その美しさに我を忘れてしまうほどです。

モザイク処理もまずまず、すばらしい。

「奴●島 最終章 永遠の凌●…」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました