【庵叶和子】叶和子 – 母子交尾 [駒形路]

FANZAのエロ動画レビュー

母子交尾 [駒形路]

息子・太一は母・叶和子を女性として意識する毎日を送っていた。

ある日、ついに叶和子は言った。

「家ではない場所で、一度だけならいい」と。

そして一泊二日の温泉旅行に出かけたのだった…。

「母子交尾 [駒形路]」の本編動画はこちらから

女優名: 庵叶和子

結構リアルかも

何しろ旅の目的が最初から近親相姦をすることである。

何気なさを装っても母が息子の目を見られないとか、いずれ訪れるものを意識した緊張感が背徳的。

息子とセックスすることは受け入れながらもそれまでは普通に親子の旅を楽しみたい母と、やることしか頭にない息子。

1つの目的に向かいながらも両者の違いが行動の端々に現れリアル。

ちゃんとプロセスを経たい母に対して、車の中や風呂で強引に迫り、勝手に中出しまでしてしまう若い男の身勝手さや残酷さが母を悲しませる。

息子とやるはめになってしまった母の悲嘆と絶望感がリアルで、近親相姦は人として堕ちるとこまで堕ちることなのだと認識させてくれる。

一線を越えてしまった女が覚悟を決め、いっそ自らと中出しを望む堕ちっぷりもエロい。

女優は素晴らしいが男優にはちょっと不満。

あんまりこういう情感重視の作品には向いてない気がした。

エロ過ぎる異色大作

従来の「母子交尾」シリーズは母と息子の年齢差が不自然だったり、背徳感が乏しくただヤリまくる作品が多かったが、本作は母子の年齢差も自然で、背徳感一杯の異色作と言える。

旅の目的が息子との近親相姦なのだが、できれば普通の親子旅行がしたいと願い、息子の異常アタックを拒否し続ける母の姿がいっぱい。

罪悪感・背徳感から肉体関係を避け続ける母の嗚咽や涙はかなりリアルで、混浴で中出しされ息子を諭す場面も良かった。

部屋に戻って拒否しながらも息子の強引さに抵抗できずに犯●れ、いつしか感じてしまう女体はエロ過ぎ。

嗚咽から喘ぎに変化していく流れはたまらないし、全てを許し最後に自ら中出しを望んだのは地獄に堕ちても妊娠しても構わないとの女の業か。

母が女に変化していく流れもエロい。

かなりの美熟女の凄まじい演技に脱帽。

何回見ても感じる。

名作でしょうか

リアリティ100%です。

ほとんどの近親相姦ものは、女優を気に入り購入するも?セリフ棒読み・日常的な話し方ではない。

?行為に至るまで過程,行為中に罪悪感が全く感じられない。

?女優と男優が同世代,男優が手馴れすぎている。

この作品は、上記を全て、クリアしていると思います。

女優さんがつぶさにみせる快感ではない“嗚咽”や行為中にも幾度となくこみ上げる“罪悪感・涙”。

こんな近親相姦ってあるんだろうな”って思わされた作品でした。

ノックアウト

瞳にノックアウトしてしまいました。

前の作品とはまたイメージが、変化し、まるでドラマを見ているようで、余韻が残るすばらしい作品でした。

女優のなんともいえない表情自然な雰囲気にただただ絶句するばかりです。

みていて清らかな気分になりました。

 この女優さんには、今後、もっといろいろなシュチエーション、ジャンルに挑戦していただきたいと願います。

何度見ても飽きない。

うるんだ瞳にすいこまれそうです。

叶和子

叶和子の良いところは、まず巨乳で乳首が飛び出ている、子供産んでいるからね、子供とパパに吸われたら大きくなるわな、それと巨尻ですね、色白でスケベーな顔、セリフ回しが上手い、いうことなしなのですが、帝王切開の跡は下着で隠してね。

それにしてもおいしそうな乳首ですわ。

「母子交尾 [駒形路]」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました