【春菜はな】金の無駄 – おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから 〜ボクのおばさんは超名器だった〜 春菜はな

FANZAのエロ動画レビュー

おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから 〜ボクのおばさんは超名器だった〜 春菜はな

人気作家・黒猫スミス×MOODYZコラボ作品!母の妹夫婦の家に遊びに行くこととなった幸平は叔母と5年ぶりに再会。

幼い頃の記憶の叔母と同じ優しく美しいままの姿だった。

しかし、ひとつあの頃と違ったのは女の色気を感じてしまったこと…。

思春期の目に叔母は『オンナ』として映っていた。

その豊満な肉体は成長盛んな時期の男の目には毒で密かな恋心が芽生え始め、性の欲求と合わさり衝動的な行動に出てしまう事となる。

人気同人作品とコラボ!原作同人作品おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~はこちら!

「おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから 〜ボクのおばさんは超名器だった〜 春菜はな」の本編動画はこちらから

女優名: 春菜はな

期待したが………。

原作は前評判が良かったので購入したが………第一印象はガキ(甥っ子)が親戚の叔母さんを兎に角中出しSEXをヤりまくるだけって感じで女優さんも全然感じてなかったしただ単に受け身状態?人によってはこの辺が受けているのかも知れませんが?叔母さん役の女優の演技も感じまくって勿体ぶらないで後編に有るらしい妊娠シーンも入れて欲しかった。

残念ながら今作品は消化不良的でハッキリ言って抜けなかった………。

原作に忠実

原作に近いシチュエーションの作品を探そうと思ったら、まさか実写があることに感激。

しかも原作に忠実でよかった。

女優の演技、セリフはあまりうまくないと感じた。

あと、自分的には抜きどころがあまりなかった。

原作リスペクト

女優さんの選択は、この上ない最善な物であったと思います。

プレイとしても、押しに負ける叔母さんと、性欲の我慢出来ない男の子という点も、再現できていると思います。

ボクちゃんの制御が効かなくなった感が良い

おばさんのことが気になりつつも布団を引くのを手伝うバランスを崩して倒れこみそのまま胸もみそのまま手コキまでしてくれる次の日、夜●いされるトイレへ移動しフェラ抜きしかし収まらずまた来るので仕方なく入れさせる抜かずに何度も中出し、溢れるザーメン薪を出しているところに現れフェラ、そして挿入旦那が様子を見に扉の向こうに来たところで中出しその晩、やはり夜●いうつぶせ寝の所を挿入、発射は尻に翌日も夜●いトイレに移動しゴムをつけさせ挿入、ゴム発射したが外したところでそのままもう一度入れられガッツリなかに出されて終了

原作に、忠実で、こんな叔母さんいいねぇ

いいねぇ。

甥っ子の迫る感じや、春菜さん演じる、叔母さんのエロさが、たまりません!最後の、トイレのシーンは、特にいいです。

勃起が、収まりません。

あんな、優しくて、エロい叔母さんに、してほしいなぁ。

コミックの実写盤としては、最高かも。

買うなら前編後編どちらとも

原作は見ていません)おばさん家 ショタ(猿) こそこそ 孕ませ これらを探してある方におすすめぶるんぶるんのおばさん家に泊まりに行った幼少期を味わった方であれば興奮できるであろう内容。

猿のごとくハメまくり出すショタになんだかんだで受け入れてしまうおばさんこんなシチュエーションを待っていたが所々のナレーションや心の声での棒読みはやはり少し気になる…セール、もしくは月額動画であればこのシチュエーションに燃える方にオススメしたい。

これは良い春奈はな!

エロ本原作をに良い意味で動画の魅力がプラスされたとても抜ける名作!お勧めします。

ハマりにハマっている春奈はなのおばさん役がとにかくハメられています。

そして突っ込みまくる困ったこうちゃんこと男優さんがいい感じの存在感なので、煩わしく感じることもありません。

これは前半という事なので、後半も買ってみてみましたが評価は変わらず。

ひとつのエロ物語を是非堪能してみてください。

原作の再現度が高く、原作ファンにはたまらない作品

性に目覚めたばかりの幼い男の子が美人なおばさんに無尽蔵の性欲を何度も繰り返しぶつけるお話。

人気の同人作品を実写化したものだが、かなり原作に忠実な出来となっている。

原作を読んでメチャクチャ興奮して抜きまくったので、実写化されると聞いて、前からとても楽しみにしていた。

春菜はなは29歳でおばさんと呼ぶには若めだが、顔立ちが大人っぽいので、30代半ばくらいに見えなくもなく、違和感はない。

Kカップの天然乳房も垂れておらず綺麗な形を保持している。

メイクもナチュラル、付けまつ毛も自然であり、またケバいネイルをしておらず素爪であったのも田舎に住んでる主婦感が再現されていてとても好印象。

男優も原作の甥に酷似したショタ感が強い人選であり、演技も上手い。

演出面ではほぼ完璧に近い。

ただ実写では難しいかもしれないが、断面図表現がなかったため、おばさんに「絶対に中で出さないで」と言われているにもかかわらず、うっかり中で出してしまい、そのまま気づかれないように甥が腰を振り続けて誤魔化すというシーンが少し残念。

ここは、膣内射精しているシーンの原作の断面図の画を差し込んでほしかった。

膣内射精をCGで描くのは無理なのかな?これがあったらすっごい興奮するのになあ。

ラストシーンでおばが「中に出しちゃだめ。

」というにもかかわらず、甥が我慢できず膣内射精してしまい、おばに怒られるのだが、春名はなの怒った表情が絶妙だった。

結論としては演出面、女優、男優とも素晴らしく文句なく星5つ。

ショタコン好きなら間違いなく買い。

お宝の一品となりました。

今回原作の前編部分で中断したかたちとなっているので、是非とも原作の後編も実写化してほしい。

原作後編では甥が膣内射精した精子とおばの卵子が受精するシーンがあるのだが、この「物語の肝」になるシーンはどう描くのだろうか?監督の手腕が試される。

期待して待ってます。

どエロいボディがそそる

二次元作品の実写化という事らしく、原作は知らない。

でも、春菜はなのどエロいボディに誘われ、何度も何度もオカズとしてお世話になってます。

後編も買ったけど、やっぱ前半のが見応えもあるし抜き応えもある。

いい感じの熟女感になりました

漫画も読みました。

原作に近い形で、だからといって「ヒメカノ」のような違和感はなくVも受け入れる事ができました。

春菜はなさんの体型もいい感じで円熟感が出ていて、ショタを受け入れる熟女としてはよいキャスティングと思います。

個人的には昔の春菜はなさんより今の方が好きですね。

再現力がハンパない!

みなさん言っていますが、原作がかなり忠実に再現されていて楽しめます。

同人誌マンガのAV化では成功した作品だと思います。

しかし、身体は別ですけど春菜はなさんって女子アナの加藤綾子さんに顔はそっくりね気がします。

これからもっと熟れてくるでしょうから、ホントに楽しみな女優さんですね。

必見の傑作です!

毎度のことながら丁寧な作品作りです。

年上女性という立場を尺を使ってきっちり描いており、それがどんどん堕ちていく様がきちんと描かれています。

中出しセリフも多くて良い。

ぜひ同じキャストで続編を描いてほしい。

また同じシナリオでシリーズ化しても良い傑作シナリオです。

要望があるとすれば、①腹ボテシーンまで見たかった。

②あまりに面白かったので2時間が短く思えた。

③妊娠淫語がもっとほしかった。

おさるのせんずりビデオ

ともかく、おとこは入れて腰振りだけ。

女は、いつも同じセリフの繰り返し。

前編からずっと同じシーンの繰り返し。

せんずりを覚えたサルが快感で繰り返す。

という話を思い出させるほど単調な話。

後編で変わるかと思ったがやっぱり腰振りだけの単調ビデオだった。

前半より少し感じているシーンもあったが、男の自己満足繰り返しには変わりは無かった。

原作通りかもしれないが、駄作には違いない。

良くも悪くも春菜はな

原作同人が好きなのでこちらも購入。

演技は良くも悪くも春菜はなさんです。

棒読みセリフがなんとも素敵。

この方はぽっちゃり好きなら大外れはないと思います。

好みの問題か…

いろいろ再現されていて、決して悪くないと思いますが、書籍の作品が良すぎたためか比べてしまう自分が居ました。

ここは好みだとは思いますが、実写版はそういう視点で見ないといけないのかなとも思わされると感じた方も多いのではないでしょうか?ただ、作品にケチをつけるものではないのでご容赦を。

再現されてる

原作から大きく逸脱することなく、良く再現されてるかな。

女優さんもいい按配。

意外とコミカル

意外とコミカルなストーリーにびっくりしました。

春菜はなさんはボディもいいし、SEXに積極的だし、かわいいし凄く良いです。

コミカルな展開も上手に演じています。

原作は知らないですけど。

ストーリーが良いですね。

主役のはなちゃんがとてもかわいい。

母性愛を良く出しています。

そらこんな肉体に超名器を相手にしたら、若い男でなくても猿のように腰を振りまくると思います。

名盤!

コミカルでエッチ

原作を知らず見たが、凄く面白かったヨ!ここにレビュー参戦するのはアウェー気分ひしひし感じながらも、面白かったので一言。

場違い者で申し訳ないがご容赦を。

春菜はなのコミカルでエッチな演技、凄く良かったヨ。

先評者さんの「ナンセンスでコミカルなピンク映画」という表現がピッタリだと感心した次第である。

自分も後編を見てみたい。

原作を知らない人には、「忠実度」なんてどうでも良いことだ!

せっかく「春菜はな」を使うんだったら、絶対に「おっぱい」を見せつけるべきだろう。

なぜ、ずっと隠し通す必要があるんだ?ようやく見せたのも最後のほんの数カットのみ。

設定なのかもしれないが、女優が最後の最後まで、「いやいやながら」という「マグロ」の姿勢で、「無気力」を通す必要があるのか?漫画を映画化する場合でも、オリジナル脚本にすることは、普通になっていて、ある意味原作より上回る場合もある。

制作者の意図で、もっとエロティックな作品に出来たと思う。

女優が好きなこと、男優が頑張ったことで、星三つです。

まさに、はまり役

巨乳&ぽちゃの春菜はなさん若いころはなんとなくだらしないおなか周りに残念な印象でしたがこの作品では、まさにそのだらしなさがリアルでグッドドラマ仕立ての展開で盛りのついた猿のような子ども相手に仕方なさそうに何度もやらせる姿は圧巻でした

ほぼ原作だが

コレを買う層は原作ファンが大半なのに、セリフが省かれてたり、原作に登場しない体位を混ぜたりするのは邪道。

別に監督の手腕に期待して買っている訳ではないので、勘違いはしてほしくない。

春菜はなと男優のコミカルな演技が最高!まるで昔のピンク映画だ。

春菜嬢の巨乳を売りにした作品ではないが 昔のピンク映画やロマンポルノを彷彿とさせる大変に面白い作品だ。

 原作の面白さもあるのだろうが 春菜嬢のうまいセリフ回しと役にピッタリの男優がよい。

叔母と甥の そのエロでコミカルなやり取りが実にうまく 思わず昔見たピンク映画の数々のシーンを思い出してしまった。

 今の若い人には分からないだろうが 当時もこのような単なるエロだけではない ナンセンスでコミカルな作品が結構あったのですよ。

キスシーン欠如と無表情男優でまさかの失速

原作は観て居ませんが、キスシーンが無いといういまどき珍しい時代遅れな作風に無表情をウリにした勘違い男優の起用でなんともモノ哀しい結果になってしまう好例。

この素晴らしい女優さんに気の毒な企画でした。

原作へのリスペクトを感じる

映画などの実写化同様、AVの実写化も多くは原作に対するリスペクトがなくただ女優を嵌め込むだけの既存の作品となんら変わらない量産品ばかりだった。

今でもそれは変わらない。

しかしこの作品には原作に対する強いリスペクトを感じる。

限られた予算と設備の中で最大限に原作を再現しようとする姿勢が見て取れた。

何より原作を読んだ人間でさえ納得のキャスティングが実に素晴らしい。

女優だけでなく、男優までもがただの有り合わせで用意された人間で無いことがはっきりとわかった。

衣装の細部にまで行き届いたこだわり、安易に衣装を脱がせない点に関しても高く評価できる。

カメラワークも女優の演技も、これ以上無いほどに原作を踏襲している。

今まで見てきた実写化AVの中では間違いなく最上位に属する完成度だと自信を持って言える。

原作モノはやめたほうがいい

原作も好きで,春菜はなさんも好きなので購入。

惜しい,というのがすべて。

子供?役の男優がちょっと・・・本当の学生を使うわけにはいかないからしようがないけど,ミニマム系の男優ってだけで,少年感がなくて,見ていて気持ちが悪い。

(個人的に)だから,元々AVには向かない原作だったと言えるのかもしれません。

あと,春菜はなさんの演技も,もう少し快楽に負けている表現があると良かったです。

やっぱり原作モノはどれもこれも中途半端になるからやめたほうがいいと思いました。

ただ,春菜はなさんの魅力とシチュエーションに星3。

原作に忠実すぎて接吻シーンなしのトホホ映像化

黒猫スミス氏の原作にはキスシーンが無くきわめて惜しいのですが、この映像化はそこにも忠実すぎて、せっかく名ベロキス女優の春菜はなを起用したのにトホホの結果になってしまいました。

続編についても購入意欲が萎えています。

春菜はな嬢の熟した身体が良いです 原作を読んでご覧ください

少年が叔母を女としてしまう青い世界 甥っ子の性欲が暴走して犯罪を●す前にと性欲を満たすために身体を許す話親戚の家に里帰りだろうか? 家族3人がやって来たところから話が始まる 甥っ子は叔母にほのかな恋心か憧れか? 以前と違い女として見るようになっていた その欲情に気が付いた叔母は甥っ子に1度だけと身体を許すがそれがいけなかった 抜かずの3発でようやく収まりがつく羽目になる それからは所かまわず 納屋でも夫のいるベッドの横でも発情すれば叔母の身体を求めるようになるいよいよ家に帰る日の前夜も中出しをされる原作を知らないので忠実に再現と他のレビューがあるのでその通りだろう 詳しい描写は原作を見ればわかるのだろうがそこは私は知らないのでただの愛の無い中出しEX作品に見えてしまったしかし春菜はな嬢はベテランで演技も身体も素晴らしいAV女優さんですから作品が悪い気はしませんでしたやはり 原作を知ってから見た方がよいかも知れません

最高 至高の名作

しょうがないな~という雰囲気で何度も中出しされるところが抜けます。

続編を期待します。

おしい

主人公役の男優?が遅漏すぎる。

童貞のリアルさがなくてガッカリ編集でもしてカットすればいいのに、無駄に初手コキが延々続くのがなんだか

金の無駄

ダラダラと続くストーリー見た目は原作を再現してるかもしれないが内容は酷い。

どこが抜き場なの?はっきり言って金の無駄

「おばさんの肉体が気持ち良過ぎるから 〜ボクのおばさんは超名器だった〜 春菜はな」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました