【桐谷あや, 早川なお(柊かえで)】普通です。 – 極エロ生尺顔

FANZAのエロ動画レビュー

極エロ生尺顔

【注意】フェラ専門ムービーですので女性の裸は出てきません。

女性の裸やSEXを見たい方はご遠慮下さい。

とにかくエロいしゃぶり顔、だけで満足できる方以外はお薦めできません。

「極エロ生尺顔」の本編動画はこちらから

女優名: 桐谷あや, 早川なお(柊かえで)

サンドイッチフェラ抜き射精、最高でした

1組目のみ書きます。

赤い口紅が萎えます。

が、パンツ越しに、ちんこを2人で舐め回し、パンツがベトベトになるのがエロかった。

モザは荒いが、ちんこがとろけるようなフェラに感じられました。

時折り垂れるよだれもエロく、最後、ちんこを2人の唇ではさんでの、サンドイッチフェラ抜き射精も最高でした。

これこそ、Wフェラの醍醐味だと思います。

一生に一度くらい、こんな快感を味わってみたいものです。

ただ、どのパートも、どぎつい赤い口紅が定番のようで、それが、とにかく萎えさせます。

プレイは申し分ないのに、惜しいシリーズです。

次回に期待

企画自体は十分に興味をそそるものでした。

敢えて濃くしたメイクも雰囲気があって成功していると思います。

しかしながら肝心のフェラが少しソフトに過ぎるのではないでしょうか。

そして全体に単調でもあり正直退屈してしまいました。

フィニッシュなども男優に勢いがないせいもあり、盛り上がりに欠けると感じます。

次回は、よりハードでかつメリハリのある内容でお願いします。

フェラで魅せるAV

桐谷あや・柊かえでがフェラで魅せるAVです。

二人ともド派手なメイクをしていて,テク&エロさ抜群のフェラを披露。

どちらかと言えば,桐谷あやの方が好みだけど,この人,宣材写真やナチュラルメイクでは,めちゃ可愛いけど,AVでプレイしている時のお顔がエロく豹変して,見入ってしまうほどです。

ハードではないけど,とことんエロフェラ重視の映像になっています。

ケバい女が好きで,フェラ好きの人は必見です。

極エロ生尺顔

タイトルに偽りは無く極エロの生尺顔がたっぷり堪能できる。

濃いめケバめのメイクは好みが分かれるかも知れないが個人的にはエロくてよかった。

しかし射精時に口を離してしまうのがどうにも納得がいかない。

あんなに焦らして焦らしてイカせるんだからしっかり発射中もWフェラをして欲しかった。

女優さんが好みだったのでプラマイゼロで普通評価です。

見たいものと見たく無いものの区別はつけたい

パッケージやサンプル画像の印象よりも、本編のケバ子の印象は濃く、アクも強く感じます。

女優は演技力に富んでいて、見応えはあります。

痴女属性のある演出も散見し、密度は濃いです。

本編は、良く言えばボリュームたっぷり、悪く言えば冗長気味。

延々と同じ作業が続くように見えてしまう映像は、少し工夫して頂きたい。

因みに既存のレビューに書かれていた「男優の顔」の件、視聴するまですっかり忘れていましたが、確認しました。

確かに酷い。

これが全編通しての映像に含まれていたら、確実に「悪い」以下の評価だと思います。

Wフェラ最高品質

めちゃくちゃ良かったです。

よけいな演出や台詞が無く、女優のプレイにも手抜きがありません。

長回しで、最初から最後まで2人で延々とペチャペチャ舐め続けでそのままフィニッシュします。

低品質な作品にありがちな交代フェラや最後は手コキ、みたいな事もありません。

最初の一人はすぐ出そうになり「出ちゃう出ちゃう」と腰を引いてしまうので見ていてもどかしいのですが、相当気持ちいいんだろうなー。

もっと見たいのですが3プレイしか収録されていないのが残念。

ですが内容は最高だったので次回作に期待を込めて星5つです。

普通です。

感想を簡潔に下記に書きます。

・Wフェラの組は3組ある。

・各Wフェラの時間は長い。

・射精後のお掃除フェラは最初の1組のみ少しある。

あとの2組はほぼないに等しい。

・あとの2組は射精時は口を離してしまう。

意味がわからない。

・モザイクはあまり薄くない。

舌の動きはよく見えない。

・女優の質は5段階評価なら2。

・女優の演技はそんなに頑張っているとは思わない。

引き気味にも見えるところもあり残念。

・2組目のアングルは、なぜかイチモツのバックに男優本人の顔が画面センターに巨大にみえるアングル。

これを見て興奮する男はいるのか疑問。

萎える以外になにもない。

良いところはWフェラの時間が長い、ところでしょうか。

それ以外はそうでもありませんでした。

本作を期待されている方は次作を待ったほうがいいでしょう。

「極エロ生尺顔」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました