【桐島秋子, 大沢萌, 椿美羚, 花岡憲子, 森山愛子】すんごく昔の母子交尾 – 2007年RUBY年鑑 母子交尾特別篇 2

FANZAのエロ動画レビュー

2007年RUBY年鑑 母子交尾特別篇 2

これまで好評を博してきたRUBYレーベル作品の中から、禁断の母子交尾シーンばかりを厳選収録。

母が息子のチ○ポを、はたまた息子が母のマ○コを貪る背徳感といったら…。

もちろん、ヌキどころもたっぷり!

「2007年RUBY年鑑 母子交尾特別篇 2」の本編動画はこちらから

女優名: 桐島秋子, 大沢萌, 椿美羚, 花岡憲子, 森山愛子, 下里みゆき, 湯沢多喜子, 絹田美津

入門編

人気シリーズのより抜き集だけに、内容的にはとても良い、まだ、このシリーズを観たことない人に対する入門編的な作品。

すんごく昔の母子交尾

母子交尾の総集編はいちおうすべて揃えることに決めてないのですがまだ買ってないものがあったことに気が付き購入。

かなり初期のものです。

なので画面サイズも違いますし、使っている音楽も違います。

初期でももっとエロそうな人がいるだろうに、ちょっと人選ががっかり。

まあでももしかしたら初期の狙いはこれだったのかなあ。

8人出てきます。

以下3人はエロく、かつ背徳感ばっちりなのですが、他は・・・僕的には見たくないです、なので、正直、飛ばしました。

桐島秋子さんはまだ若い頃でびっくりします。

一度ストリーミングでも見ているのですがこの6年後の話も母子交尾ではあるので一緒に見ることお勧め。

母子が恋人のようになっている明るい背徳感。

このいちゃいちゃ感はまだ若いお母さんだからこそできる演出では?母子交尾では他に何人か、二度出演の女優さんもいますが話が全然違うのでこれは貴重。

最後のおマ○コのヘアはドキっときます。

単体で見ると最初から最後まで結構エロいです。

椿美玲さんはかなりのおばちゃんだけど意外にエロいかも。

キスしているところはねっとりです。

別れる前の存分のキスとセックス!という感じです。

服を着ている時のおっぱいがなんか印象的。

大沢萌さん、これこそ『ザ・母子交尾の背徳感!』というものです。

ストーリーも今のところ同様のものを見たことがありません。

しかしものすごく筋が通っていて、ちょっとショッキングな展開、そして運命的でもあります。

大沢萌さんは僕はヘンリー塚本監督の「熟れた肉体熟女・淑女・中年女」でたまたま知り(たぶん当時はVHS)、すんごいエロいなあと。

どことなく暗い影がまたいいです。

特に服を着ているときのおっぱい、他の作品でもヘアの部分のアップが脳裏に焼き付いていて、他の萌さんの作品を探していて、行き着いたのが母子交尾だったかも。

なのでとても思い出深いです。

最近は出演の機会が少ないようですが、ぜひリメイクをお願いしたいですね。

ただ、この総集編では背徳感のキモとなる、肝心のシーンがすべてカットされているのでやはり単体で買うことをお勧めします。

ちなみに、花岡憲子さんは最初の個室での口移しシーンはドキっときますそんな感じでしょうか?

「2007年RUBY年鑑 母子交尾特別篇 2」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました