【音無かおり】まぁまぁ・・・ – 隣人の妻 音無かおり

FANZAのエロ動画レビュー

隣人の妻 音無かおり

夫との性生活に不満のかおり。

そんな不満が募ったのか夫の不在に思わず隣人をお茶に誘う。

誘うつもりなどないのだが無意識に求めていたのか…。

かおりの色香に負けた隣人に押し倒され縛られ剃毛されてしまう。

犯●れ写メに撮られたかおりは男の言いなりになり、次第に淫乱に乱れてしまう…。

本気のイキ顔がエロい!

「隣人の妻 音無かおり」の本編動画はこちらから

女優名: 音無かおり

演出力不足

夫との性生活に不満な妻が、ちょっとした隙から隣人に犯●れてしまい、その後も脅されて肉体関係を続ける話。

似たような作品はたくさんあるのだから、最初の導入部と初めて体を許してしまう場面、ラストをきちんと撮らないとダラダラしたメリハリの無い作品になってしまう。

まず、最初の夫婦のセックスがつまらない。

擬似でおざなりなセックスでも、ちゃんとセックスをしないと、妻がなぜ隣人とのセックスに溺れていったのかがつながらない。

初めて体を許す場面はもっと音無が抵抗してほしかった。

そうすると最後に隣人が連れてきた男とのセックスでいきたがる姿とのギャップが引き立つ。

ラストも背徳感が薄く期待はずれ。

落ち着いた感じで普通の主婦っぽい音無かおりと、隣人役のネチネチといたぶる斉藤竜一。

とり合せはいいと思ったが、演出力不足で凡作になってしまった。

パイパンの綺麗な身体

無理に剃毛シーンを入れようとするから、最初はマン毛の「付け毛」をして登場する、と言う珍妙な映像になる。

 いかにも付け毛と判る物を付けて夫とのベッドシーンを撮るからAVには珍しく擬似の絡みになってしまう。

 付け毛の剃毛シーンなど見たくも無い。

 最初からパイパンで良いではないか!! さて、桐岡さつきが引退しても、黒谷りょう子、北川みなみ、そして音無かおり、とパイパン熟女が続くのは嬉しい事である。

 音無は卑猥な唇と綺麗な身体で、人妻もので今後の活躍が期待される。

 本作は最初の全くやる気の無い拭き掃除のシーンでガッカリさせられるのだが、後半の3Pの映像が良い。

 特に横臥位での抜き差しは工夫された映像でマン筋がリアルに読める。

 パイパン物はマドンナの芳賀監督に及ばないものの、工夫の跡がみられるので、今後の作品に期待したい。

まぁまぁ・・・

あれ?意外と演技が下手だぞ(笑)「やめて下さい」の連呼だけじゃ…それでも最後の3Pはなかなか良い出来でした。

「隣人の妻 音無かおり」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました