シリーズ作品(?~?)を比較して(その3) – 機械式拘束連続強●絶頂III SYSTEM BONDAGE

FANZAのエロ動画レビュー

機械式拘束連続強●絶頂III SYSTEM BONDAGE

元アスリートで鍛えられた体にGカップの迫力ボディ。

本人は自分のことをMだと自覚していないが「馬鹿!」とののしられる内にM性が開花してしまう。

ビンタをされ従順な女に改造されマッサージにより性感を高められ、機械式拘束で体の自由を奪われ執拗なポルチオ手マンで子宮を開発され容赦のない電気ドリル責めに晒される!!

「機械式拘束連続強●絶頂III SYSTEM BONDAGE」の本編動画はこちらから

何度も失神

2作目も良かったがこれはもっと凄い。

激しく逝きまくり何度も失神している。

それでも攻めるのをやめない凄さがある。

逝きっぷりもすごく良く、逝った瞬間がよく分かり見ている者が十分に楽しめた。

坂本監督の手を抜かない逝かせかたが、半端なく凄かった。

最後のsexは時間をおいたせいか今ひとつの反応うだったが、それでも十分楽しめた。

ただドリルがNGの女優さんも多く、これだけの逝かされ方を見ると次に出てくれる女優さんがいるのか心配になる。

ドリルを使わなくても十分なので機械式と銘打たなくても良かったのではないかな。

4作目が出てくれることを切に希望します。

シリーズ作品(?~?)を比較して(その3)

このシリーズ3作の中では、女優の個性(レビュー(その1)参照)が最も際立っていた。

なかなか面白かったのが最初のインタビューの場面である。

男優と話すときの口調や表情と坂本監督と話すときのそれらが全く違っていた。

坂本監督との時はまさに「可愛い女」を感じさせ、男優とはいかにも「仕事ですから」という雰囲気を出していた。

観ていて非常に面白く、そのためかどうかは不明だが、作品の中での女優の逝かされ方は、他の2作品に比べ頭1つ抜け出ていたように思った。

女優と監督の相性の良さがこの作品の良さを生んだのかもしれない。

というわけで、評価は少し甘めではあるが、5つ星とする。

「機械式拘束連続強●絶頂III SYSTEM BONDAGE」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました