【波多野結衣】大袈裟過ぎない演技が良い感じ – 社会派ねとられドラマ 隣人の情婦になってしまった妻6 波多野結衣

FANZAのエロ動画レビュー

社会派ねとられドラマ 隣人の情婦になってしまった妻6 波多野結衣

マンション隣室にお住まいの宮下氏と言う隣人のマナーに関してマジメな妻はとても不満を抱えていたようです。

共有スペースでのタバコに始まり、その他ゴミ出しのルール等、勝ち気で潔癖な妻にしてみれば、決して看過出来ない事ばかりだったのです。

平和主義の僕は相手が相手だけに波風立てないでくれよと妻に言い聞かせていたのですが…。

ある日「婦人会の嘆願書」を持って、住民代表の妻が宮下氏の部屋へと訪ねていったらしく…。

ライブチャット 波多野結衣 出演
初回1,000円分の無料ポイントプレゼント!

「社会派ねとられドラマ 隣人の情婦になってしまった妻6 波多野結衣」の本編動画はこちらから

女優名: 波多野結衣

堕ちていく様は見事

結衣ファンならずとも人妻の堕ちていく様はドエロ趣向のある人には、購入して間違いない商品かと

寝取られ感マックス

こんなクソみたいな男に寝取られてるのに本当にセックスだけで落とされた感があって最高です。

さすが

波多野。

良い演技です。

ですが、夫と隣人がダイコン過ぎます。

序盤のレ●プシーンはもっと激しい方がよかった。

結衣さんの巨尻は絶品の艶かしさ!

小顔で端正なマスクの可愛い女優さんだが、身体付は大変グラマラスな波多野結衣さん。

世界の波多野とまで称される結衣さんが、私の大好きな隣人の情婦になってしまった妻シリーズに登場。

真面目で正義感が強い可愛い人妻が、知性の欠片もない下衆野郎に歯向かったばかりに無残に犯●れ、セックス漬けの調教の日々を強いられ、高圧的に命令されそれに笑みさえ浮かべ従順に従い、快感に抗えない肉体に変えられていき、やがては心まで支配されていく。

女を絶対的に支配しセックス依存症の情婦にしていく嗜虐性が圧巻だ。

グラマラスな女体が逝かされまくり悶えまくるのは濃厚なエロス。

全ての絡み合いのシーンが本当にエロいが、特にエロ過ぎて股間の疼き止まらなくなるのは、巨尻が強調された四つん這いの開かれたオマンコに自分の手でディルドを出し入れさせられ喘ぎ悶え愛液を垂らしながら逝きまくるシーンだ。

その巨尻は最高に隠微でいやらしいほど生唾物の絶景だ。

そのシーンだけで何度も抜ける。

結衣さんのエロさが絶品。

大袈裟過ぎない演技が良い感じ

好みという訳ではありませんが興奮させられる女優さんの一人です。

大袈裟では無い感情の変化など流石の演技と思える部分が目立ちました。

シリーズを通してほぼ同じ内容ではありますが、情婦に堕ちていく様子がとてもエロく感じました。

「社会派ねとられドラマ 隣人の情婦になってしまった妻6 波多野結衣」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました